かくやま旅館

〒987-0702
宮城県登米市登米町寺池桜小路54
TEL:0220-52-2502
FAX:0220-52-3607

[チェックイン] 15:00
[チェックアウト] 10:00
[駐車場] 8台

交通案内

アクセスマップ

〒987-0702 宮城県登米市登米町寺池桜小路54

登米までのアクセス

電車・バスでお越しの方

  • 「仙台駅」―東北新幹線15分―「古川駅」―東北新幹線10分―「くりこま高原駅」―車で40分―「登米」
  • 「仙台駅」―東日本急行バス(三陸自動車道経由)―「登米(明治村)」
  • 「仙台駅」―気仙沼線・快速70分―「柳津駅」―バス10分―「登米」

車でお越しの方

  • 「仙台南IC」―仙台南部道路10分―「若林JCT」―仙台東部道路15分―「利府JCT」―三陸自動車道60分―「登米IC」
  • 「仙台南IC」―東北自動車道15分―「富谷JCT」―東北自動車道15分―「利府JCT」―三陸自動車道60分―「登米IC」
  • 「仙台南IC」―東北自動車道15分―「富谷JCT」―東北自動車道20分―「古川IC」― 一般道60分―「登米」

観光案内

登米町は「みやぎの明治村」と呼ばれ、明治時代に建てられた洋風な建物や藩政時代の武家屋敷などが混在しています。

登米にいらした際には、明治時代の様子が今なお残る街並みを是非お楽しみください。

教育資料館

教育資料館は明治21年に旧登米高校尋常小学校として建てられました。和洋折衷の建築物で、国の重要文化財にも指定されています。

一般 400円 高校生 300円 小・中学生 200円

春蘭亭

武家屋敷「春蘭亭」では、囲炉裏を囲んだ喫茶コーナーにて春蘭茶・抹茶・アイスクリーム等を楽しむことができます。
名前の由来になった春蘭茶は、春蘭の花を塩漬けにして作られています。是非一度味わってみてはいかがでしょうか。

登米懐古館

旧寺池城址にある登米の文化財資料館です。登米の名誉町民である渡邊正人氏の寄贈により建てられました。中には登米伊達家に縁のある鎧や刀、工芸品などが展示されています。

一般 400円 高校生 300円 小・中学生 200円

水沢県庁記念館

明治時代の廃藩置県で誕生した「水沢県」の県庁舎として建てられ、小学校や裁判所としても使用されました。現在では明治22年当時の資料を基に復元され、様々な資料が展示されています。

一般 400円 高校生 300円 小・中学生 200円

伝統芸能伝承館「森舞台」

藩政時代から伝わる「登米能」や「岡谷地南部神楽」、「とよま囃子」等、地域文化の活動拠点として町民の手により長年受け継がれていた建築物です。本格的な能舞台があるほか、展示室も備え、稽古場としても使用されています。
設計を担当した建築家の隈研吾氏は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の設計にも携わっており、森舞台の実績が活かされています。

一般 400円 高校生 300円 小・中学生 200円